忍者ブログ
HOME Admin Write

練習日記

霞ヶ関フィルの山あり谷あり飲みありの練習日記です。

今回の定期演奏会に向けて、1月から練習を重ねて来ました。みんなそれぞれ忙しい中ではありましたが、個人練習はもちろん、オーケストラで多くの時間を共有して来ました。

そんな日々も終わり、いよいよ演奏会当日を迎えました。ステリハでは、音響にも注意を払いながら、最終確認。「舞台には魔物がいる」と言うけれど、これまでの成果を出すことが出来ますように☆

そして、あっという間に開演の時間に。
♪ヴェルディ/歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲で幕開け。静けさから始まる曲ですが、音符と休符の両方に魂を込めながら、曲にのめり込んでいきました。
♪プーランク/シンフォニエッタ。なかなかオーケストラで取り上げられることは少ない曲ですが、様々な音楽の情景が見受けられたり、少しずつ音楽が変化したり、という面白い曲で、2013年のこの演奏会で演奏できたことは勉強になりましたね。
♪ブラームス/交響曲第4番ホ短調。泣いても笑っても本番のメイン曲目ということで、周りの音を聞きながら、精一杯演奏しきるということに努めました。

こうして、無事に演奏会を終えることができました。後から振り返ると、なかなかチャレンジングなプログラムで、これまでの練習で、演奏がうまくいかなかったり、練習時間の確保と仕事との両立、技術向上について悩んだりすることもありました。しかし、前回の第10回定期演奏会で節目を迎えた霞ヶ関フィルの新たなスタートで、この3曲を今のメンバーと演奏できたことはかけがえのない一歩で、とっても楽しかったです。この演奏会を通じて、改めて個人としての技術とアンサンブル力の向上の必要性を実感したのですが、霞ヶ関フィルは、様々な団員が和気藹々と音楽を共に作り上げ、また、熱意があれば、オケでやりたいことが実現できる所ですね☆今となっては、グリッサンドの練習で指の皮が剥けたことや、ブラームスの楽譜がボロボロになったことも良い思い出です。

演奏会にお越しいただいた皆様、ご指導くださいました先生方、ご賛助くださいました方々、そしてすべての団員の皆様、本当にどうもありがとうございました。

これからの霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団が織りなす音楽に期待しましょう♪

2ndVn奏者

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ありがとうございました☆

Mちゃん、日記、ありがとうございました☆
いつも、いろんなところでMちゃんの優しさに助けていただきました、
いつも仕事も音楽も両立されて、尊敬しています。
海を越えて遠くに行かれても、蔭ながら応援しています。
寂しいときとかあったら、たまにHP見てみてくださいね☆^^
また、いつか一緒に演奏できることを楽しみにしています♪
本当に、お疲れさまでした☆

最新コメント

[08/30 NONAME]
[08/26 NONAME]
[06/09 Mちゃんのファン]
[05/23 フランシス・プーランク]
[05/18 1st Vn のおやじ]

ブログ内検索


カウンター


Copyright ©  -- 練習日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]