忍者ブログ
HOME Admin Write

練習日記

霞ヶ関フィルの山あり谷あり飲みありの練習日記です。

梅雨入りしたばかりで心配だった天気も当日は気持ち良い晴天となりました。
体育会系出身としては、昔よく言われた「練習の時は試合のつもりで(真剣に)、試合の時は練習のつもりで(リラックスして)」なんて言葉を思い出しながら杉並公会堂に向かいました。

会場では受付の設定や舞台づくりなどの準備が着々と進んでいき、いよいよ本番だな、ここで演奏するんだ、というワクワク感がじんわり湧いてきました。
やがて、ステージには打ち合わせをする人、ウォームアップする人、、、などメンバーが徐々に集まりはじめ、そして弦や管打の入り混じった音がホールに響きだします。
この雰囲気がいいよなあなんて客席で浸っていると、ステージ上の空気が本番に向けて何か変わっていくようで、ワクワク感がアセリへと変化し、あわてて楽器をかかえて舞台に上がりました。

照明が入り、リハーサルが始まります。
普段の練習会場と違い、このホールでは残響の感触も伝わってくるし、それに自分の音がしっかり聴こえてきます。こんなステージで楽器を弾くのはホントに気持ちがよくて少し上手くなったかと錯覚してしまうくらいです。
ただ、他のパートの音が普段の練習ほど聴こえてこないような気がしました。
ホールの構造が音を客席に向けて反射するようになっているからでしょうか。
強弱やテンポ、曲のイメージなどギリギリまでチェックが続けられましたが、終始原田先生の穏やかな表情とユーモアのある指示で、張りつめた中にも笑い声が出るリハーサルでした。

13:30の開場より1時間近くも前からお客様が並び始めました。
先頭に並んでいた方は、「ama-oke公演聴歩きの会」のみなさまだそうで、当オケの定演には以前から来ていただいているそうです。

その後もお客様は絶え間なく来場され、2階席まで埋まっていきました。

開演直前、
ヴェルディ、プーランク、ブラームス、あと1回だけ弾いておしまいか、とか、
脱水状態で倒れないだろか→お茶飲んどいたほうが良かったか→でもトイレに行きたくなったら困る、とか、
取りとめもないことを思っているうちに開演時間となってしまいました。

そして開演、
指揮者が登場しあいさつをして演奏開始の瞬間です。
あー、ついに始まってしまった・・・の一語に尽きます。
「もう後戻りできない」という言葉は、まさにこういう時のためにあるとしか思えません。
       :
       :
演奏に対する感想は録音を聴いてそれぞれ感じていただければと思います。
       :
       :
高揚感と緊張が交錯するなか、弾くぞという思いが空回りして個人的には、あそこは指が回らなかった、ありゃりゃブラームス出だしの音程がヤバイ、など反省材料も多々ありました
でも終わってみれば、大勢のお客様の前で演奏できた喜びと、全員で半年間かけて造ってきたんだなあという充実した気持ちとで一杯だったことは言うまでもありません

わたしがご招待した方たちからは、2曲目が面白い曲だった、ブラームスはどっしりした王道の演奏の印象だった、などのコメントもいただきました。
音そのものは形として残らないけれど、人の心や記憶に残る音楽は本当に不思議で面白いと思います。

それから、昼食をとる余裕も無かったであろう演奏会係をはじめ、広報、会場、受付などなど各係の活動があってこそ成功した演奏会だと思います。いつも心より感謝しています。
満足感と反省とちょっとした筋肉痛を覚えながら、また次を楽しみに帰路につきました

                     スキムブルシャンクス(Vn)

 

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

最新コメント

[08/30 NONAME]
[08/26 NONAME]
[06/09 Mちゃんのファン]
[05/23 フランシス・プーランク]
[05/18 1st Vn のおやじ]

ブログ内検索


カウンター


Copyright ©  -- 練習日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]